天才ノート | かおりメソッド

子どもの興味を伸ばしていく!勉強嫌い男子も大変化!!

宿題しない子どもにイライラ。

日常的に発生するプチトラブルにイライラ。

よくあることですよね。でも、ただイライラ子育てしていたら、モッタイナイ!

ただ机に向かってドリルに取り組むだけが「学び」ではありません。

親が子どもの興味にトコトン付き合うと、子どもも前向きになり、どんどん「学び体質」に!?

そんな受講生の体験談をご紹介します♪

親が子どもの興味にトコトン付き合うと、子どもも前向きに!

こんにちは。小3男子と小1女子を育てるたまちゃんです。

宿題しない小3男子のダラダラする姿や日々発生するきょうだい間のいざこざにイライラする毎日です。

とはいえ、かおりメソッドを実践するようになり、杭を打ちつつ、自分が小言を極力控えていたら、少しずつ関係性もよくなり、長男も前向きになってきました。


最近、零戦(ゼロせん)愛が止まらない長男。

あんなに嫌がっていた天才ノートも、「零戦のこと書いてお母さんに教えてよ」というと、満更でもなさそうに、書き始めました。



最近は、夫が持っている戦争マンガを読んだり、図書館で戦闘機の本を借りてきたり。

私に対する話も、今まではギャグマンガの話ばかりだったのが、飛行機の話がメインになりました。


先日、「どうして零戦が好きになったの?」と言うと、もう言葉が溢れ出てきて止まらない!!

・ジブリ映画の「風立ちぬ」を見たのが印象的だったこと

・以前「レッドブルエアレース」を見た時に本物の零戦が飛んでいるのを見たこと

・調べると、零戦は軽い上に速く、ものすごく遠くまで飛ぶ事ができるし、攻撃力もある上、形がカッコよくて素晴らしい機体だと言うこと



そして、

・零戦の設計をした堀越二郎さんについて、父親に借りた本で調べたこと。

・堀越さんは現在の三菱重工業に勤めていて、九式単座戦闘機を作ったということ

・「風立ちぬ」の中に2つ心に残っているシーンがあること。

①二郎がアメリカ人から、「君は生きなくちゃいけない」と言われて「はい」と返事し、そのあと亡くなった二郎の妻の白い傘が空に飛んでいくシーンがすごくいいこと。

②零戦が前から飛んできて、空に飛んでいくシーンがすごくいいこと。



その熱さに圧倒されつつ、Wikipediaで堀越二郎さんについて調べると、長男が話してくれた様な事が色々出てきて、それを話すともう大興奮!

「ほらほら!僕が調べた事は当たってたでしょ!!」

これがまさに「学びが楽しくて勝手に伸びていく」という事なんだ!と実感しました。


飛行機のことが勉強したい、と言うので、「堀越二郎さんは東大の宇宙航空研修所の先生だったんだって」と言うと、「僕は宇宙じゃなくて空が好きだから、宇宙はいらない」だそうです(笑)

ここからどう進んでいくのか私も楽しみです。


勉強しない子どもでも、興味のあることは、何か一つあるはず!

そんな興味を伸ばしていくことも、子どもを「学び体質」にする一つのきっかけかもしれません。

そんな「学び体質」に子どもを育てたいと思ったら、まずは1DAY講座天才ノートカフェなど気軽に参加してみてください!

かおりメソッド流!?「小1の壁」克服法

新学期が始まって、早半年。

子どもも親も新生活に慣れてきた頃でしょうか。

特に小学1年生は、初めての1人で登校、初めての勉強‥などなど、初めてのことづくし!!

乗り越えなければならない壁がいっぱい!!


小1最大の壁「勉強」が好きではない!?小1男子と向き合っている受講生の体験談をご紹介します!


★☆★☆★☆★☆

こんにちは。小1男子を育てるゆうちゃんママです。

初めての夏休みがやっと終わり、ほっとしています(笑)

4月に小学校が始まって、夏休みが明けるまで、初めてのことづくしで、イライラすることもありましたが、かおりメソッドで学んだことや「天才ノート」を活用して、ここまでやってきました!


実践オンラインサロンでは、私以外にも小1男子を育てるママがたくさんいて、真似をしてみたいこともあったので、こちらでご紹介します★

子どものやる気スイッチを見逃さない

読み書きに全く興味のないうちの小1男子。

ひらがなもやっと書ける程度だったのに、基礎講座親子一緒クラスの国語編に参加した数日後、

「ぼく、犬って漢字かけるよ!」

と一言。

食事中でしたが、本人の興味の赴くまま、天才ノートに書いてもらいました。



これからも本人のスイッチが入ったところを見逃さずに付き合いたいと思います。

楽しく文字を書こう!

読むのは好きだけど、書くことにあまりの興味のない、うちの小1男子。

入学後は、宿題のひらがなプリントに大苦戦。

そんな子どもに付き合うと、ついママもイライラ。

まずは、興味のあることから天才ノートに書いてもらうことにしました。



迷路を作ってみたり、辞書で調べたことを書いたり、折り紙貼ったり、プリント貼ったり、何でもありです。

ノートには書きたがらない、うちの小1男子。

「なぜかホワイトボードには書きたがるよね」というアドバイスを受け、ホワイトボードを買ってみたら、

頼んでもいないのに、おやつの配分を書いてくれました。





今度は、具体的に質問を書いてみたり、コメント交換してみたりしたいと思っています。

せんせい登場!

さんすう大好きな、うちの小1男子。

ただ問題を解くだけだとつまらないので、算数の文章題をママに出してくれます。


ママが問題を解いたら、花まるもしてくれます。

天才ノートで親子のコミュニケーションをとるのが大事な時間です。

そして、夏休み明けの全校テストで、算数は満点をとってきましたー!!



満点をとったことはもちろん嬉しいですが、私からは何も聞いていないのに、帰宅後、サラッと伝えてくれた態度が嬉しかったです。

これも、親子のコミュニケーションがとれていた結果かな、と思います。


小1になると、子どもも自我を強く持ち始め、親子でコミュニケーションをとることもなかなか難しいです。

ここに登場するママたちは、特別子どもに何か勉強をさせているわけではありません。

子どもの興味に寄り添い、声をかけてあげることで、子どもも自然と変わってきます。


具体的な内容やコツを聞いてみたい、と思った方は、アンバサダーが主催する天才ノートカフェや、かおりメソッドのエッセンスがギュッとつまった1Dayクラスに参加してみてください!

【受講生の声】子どもの積極性VSママが思う子どもの積極性

2021年7月17日: かおりメソッド

「子どもには何事にも積極的になってほしい!」

そう願う親御さんは多いのではないでしょうか?

子どもの積極性について、アンバサダーが実体験を語ってくれました!

ゆるーく待つことの大切さ

こんにちは。小1男子を育てるゆうちゃんママです。

私は、息子のことをずっと「積極性のない」子どもだと思っていました。

未就学児の頃、何かイベントに参加させても前に出ることはなく‥。

私の足元にひっついているような子どもでした。

それは基礎講座の親子一緒クラスでも同じです。

自己紹介で手を挙げられない子どもを見て、とてもイライラしていました。



そんないまは‥。

「当時は、まだ成長が追いついていなかっただけ」ということに気がついたのです!


かおりメソッドの実践オンラインサロンでは、定期的に、自分の天才ノートを披露する場、

●「集まれ!天才ノートキッズ」(発表者は申込み制)

●「天才ノートキッズmini」(当日、希望者は全員が発表可)

がオンライン上で開催されています。

初めて参加したのは、「天才ノートキッズmini~歴史編」で、最初は見ているだけ。

ですが、突然、「ボクも発表する!」と言い出し‥。


基礎講座の親子一緒クラスで、なかなか自己紹介しない、あなたが!?


と驚きつつ、彼の気持ちをくんで、結局は、私がインタビューしつつ発表しました。



その後も「天才ノートキッズmini」で発表を続け、これなら行けそうかもと考え、

思い切って、「天才ノートキッズ」を申し込んでみました!


「今度、発表できるけど、どうする?」

「発表する! 何にしようかな~?」

と楽しそうに考えながら、天才ノートに何やら書いていました。


当日、恥ずかしいなあ、と言いながらも、

「ボク、さんすうが好きなので、発表します!」と天才ノートを見せながら問題を出していました。



発表が終わったら、

「また発表したい! 毎回発表する!」

と高らかに宣言していました(笑)


それこそ、私の足元にひっついているころは、彼が何を好きかもよくわからず、

彼の積極性の高まりをなかなか待てず、勝手にイライラしていました。

子どもに積極性がないのではなく、親の期待するものに積極性を見せないだけ。

好きなことに対しては、誰でも積極的なもの。

それを待ってあげることも大事だし、引き出してあげることも大事。


その親子のコミュニケーションに天才ノートは最適。

天才ノートに色々なことを散りばめ、コミュニケーションを取りあうことで、

本人の積極性が自然と出てきた気がします。

もう少し、親子でコミュニケーションの時間を楽しもうと思います(*^▽^*)

テレビゲーム=イライラ!? 〜学びに活かそう!我が家流〜

2021年6月23日: かおりメソッド

子どもが大きくなると一度は聞く、「ゲームが欲しい!」の声。

子どものゲームとの付き合い方に悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。

実際にご家庭にゲームを導入した受講生が実体験を教えてくれました!

何が正解かわからない。我が家流を正解にしていこう!


こんにちは。フルタイムワーママのA’sです。

梅雨に入り、おうち時間が増える今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。

9歳(小4)と4歳(年中)の男子兄弟も、益々活発になり、家の中でも激しいバトルが展開されています(笑)


さて、そんな我が家ですが、テレビゲームの導入は実はつい3ヶ月前のことでした。

長男は小3までは放課後は学童に通っていたので、テレビゲームに触れることもなかったのか、「ほしい、ほしい」と言い出すこともなかったのですが、、、


3年生も終わる頃、私の在宅勤務が続いていたこともあり、放課後は学童に行かずに、友達と約束して公園に行くことも多くななった長男。

・・・・そこで影響を受けたか!? 誕生日(3月)にどうしてもゲームが欲しいと言うように

(ついにキタぞーー、、、)

う〜ん、買ったら最後、私のイライラや親子バトルが目に浮かぶ、、、。

とはいえ、これからスマホ問題もあるし、上手く付き合っていく練習も必要だよねと頭の中はグルグル。


そんな時がいつか来る! と、どこかで考えてはいたので、花まる子育てカレッジ「岩田 かおり氏 × 小川 大介氏 × 木村 智浩氏『ゲームとのつき合い方を考えよう!』」を思い出しならも、我が家流を模索!


なし崩し的な導入は避けたかったので、かおりメソッドママ達にもアドバイスをいただきながら、我が家の約束事を決めるために「ゲーム導入前のミッション」を天才ノートを通じたワークにしてみました!!


 


 


親の意見を伝えつつ、自分でも考えて欲しい! 最後にはレンタル契約書も締結しました。

ゲームが欲しい長男は真剣に取り組みましたよ〜〜 

(普段はハードルが高い漢字なんかもしっかり盛り込んじゃいます、笑)

こんなときでも親子のコミュニケーションツールとして天才ノートがベースにあったので、このワークも抵抗なく取り入れることができました!


しかーし! 導入後、やはり事件は起こるもの

1ヶ月位経った頃、本を読んでいる私と背中合わせで、毛布をかぶって本を読んでいる長男。暑がりの息子が珍しいなー、しかも絶対見るなと言う。

「なんで〜?」と聞くと、「俺が本を読んでるなんて珍しいなーとか思われるの嫌だから」と。

変なの〜と思いつつ、特に気にしなかった私。

(どこまで鈍感!?—というかまさかそんなことをするなんて想像もしていなかった、、、)。

ところが、どんどん鼻息が荒くなっていくーーーーーーー、カチカチ音もするぞ!!!うん!?

なんと、私と背中合わせで毛布にくるまりポータブルゲームに夢中になる長男。

(もちろん約束時間外です!!)


怒りよりも、その度胸に感服してしまいましたが、私にとってかなりの衝撃であったことは間違いありません!!

長男も自分のしてしまったことにはっと気づいて、大泣きして動揺していましたが、早くもゲームに翻弄されるA’s 親子。


息子をこんな風にしてしまうゲーム、やっぱり怖いな〜というのが正直な気持ち。

「ゲーム」=「悪」の構図ができあがってしまいそうな私でしたが、、、


翌日、Clubhouseでかおりメソッドアンバサダー主催の「a健康フルネス」の会に参加!

そこで「こんなことがあったのです!!!」とご報告したところ、かおりさんや先輩ママからは「あるあるーー、そんなこと」と。「これからもっといろいろあるよー」なんて言葉を頂いて、「お、そんなものかー」と納得。


一つ一つのことを事件にしないで、大きく構えて行こう!

少し先行く先輩のアドバイスに気持ちも安定、マインドリセット!!

日々の気持ちのブレもこうやって受け止めてもらい、軌道修正できるコミュニティは本当にありがたいです。


その後も日々の時間管理や、本は攻略本ばかりになりがち 等、まだまだ課題は多いです。

モヤモヤ、イライラはもちろんあります。

でも、このゲームへの熱中を利用しない手はない!!


時間設定の交渉も、いろいろ捻り出したトリッキーな案を交渉してくるので、「お母さん覚えておけないから、書いて教えてくれる〜?」と天才ノートに誘導。

算数の問題で出てきたら絶対嫌がりそうな論理の組み立ても、好きなことのためなら自らできちゃうんですね(笑)



そして、攻略本を隅から隅まで読み尽くすので、そこから単語を拾って辞書調べ問題に活用したりもしています。



難しい言葉もゲームの攻略のために生きてきます!


ちなみに、土日の何でも書いていいよーの天才ノート時間は、ゲームキャラやオリジナルでゲームの世界を描いています。それも、もちろん花マルです!!


topへ