主体性 | かおりメソッド

子どももママもハッピー♪な夏休みのお出かけ

夏休み、毎日暑いし、ずっと子どもと一緒に家にいるのは大変。
そんな夏休みを親子で楽しく軽快に乗り切るアイディアが、かおりメソッドの実践オンラインサロンではたくさんシェアされています。そこで知ったイベントに家族で行った様子と、かおりメソッドキッズならではのお出かけ後の様子を、受講生がレポートしてくれました!
  

夏休みをイライラせずに楽しく過ごせて学べるスポット!

こんにちは。夏休みもあっという間の後半戦!
やんちゃながらまだまだ可愛い部分あり?小学4年生男子を育てるりょうママです。子供との夏休み中のおでかけ、どこに行くか毎回悩みますよね。
 

〇出来たら学びの杭打ちになる所
〇自由研究の杭打ちにもなれそうな所
〇なんなら親の自分も楽しめそうな所
〇暑くない、天候に左右されない,紫外線の無い涼しい所
〇近場でそこまでお金をかけなくても楽しめそうな所
〇終わったらプチご褒美があって自分も満たされる所
これが全部満たされる所って探すのも一苦労ですよね。
 

しかし!実践オンラインサロンやかおりメソッドママとの情報交換で時間をかけなくても『こんなイベントやっているそうです~』なんて教えてもらえたり・・・本当に助かっている我が家。
国立科学博物館の特別展、植物も実践オンラインサロンでシェアしてくださった方がいて早速行って来ました!

※事前予約制になるのでご注意下さい。

思っていた以上に親子共に大満足の内容。
今まで植物に対して興味の無かった母でも、最初に登場した『植物という生き方』の章で一気に惹きこまれました。
 

キャベツは青虫の天敵を匂いで呼び寄せて自分で虫よけしていた。
キノコに見えるよう擬態して昆虫をだまして強制的に花粉を運ばせる植物。
密を吸いに来た蜂の背中にハンマーを振り下ろすようにして花粉をたたきつける植物。
植物も生き残っていくために、感覚を研ぎ澄まし、まわりの生物と協力するなど工夫しながら進化している…人間顔負けの生存戦略に大人もワクワクしてしまう内容からのスタートでした。


息子氏は音声ガイドを聞きながら、自分の好きなように徘徊していました。
主体的に動くようになっていて成長を感じつつ、お互いが自由に観て意見を交わせるようになってきた!
かおりメソッドで習ったありのままを承認してきたおかげなのかなと思います。
 

最後まで楽しい展示でしたが、終わった後は足が棒、小腹も空いた~!
そこで同じ上野公園内にある素敵な喫茶で休憩する事に。
「喫茶去(キッサコ)」。日本料理のお店「韻松亭」に隣接する喫茶店です。 
この日は「韻松亭」の個室に通して頂ける事に。
密を回避してくれているお店の方々のサービスに感謝です。

こちらのお店、営業時間が15時~17時までなので気を付けて下さい。
とても風情のある建物、個室で手の込んだ甘味を頂けるって幸せ…博物館で歩き疲れてもここで何とかエネルギー回復!

かおりメソッドならイベントでの学びの吸収率も抜群!!ガミガミしなくても自由研究もできちゃう!?

息子氏はお品書きを見てお会計の計算をしてくれたり科学博物館にあったリーフレットや冊子を読んでみたり、甘味も満喫。食べながら植物展のここが面白かったね~なんて話もしたり。何気ないこんな時間が親子関係の地盤になっている気がします。
家に帰ってからは、早速図書館で博物館の売店で売っていた本の予約。大人気の物はフリマサイトで購入したりもします。そしてリビングに散らばせます。
積んじゃうと読まないので、足で踏みそうになるけどそこは堪えて平置きにしています。
 

帰って来てからは息子氏なりに興味をもった植物についても沢山説明してくれたり、本で読んだこと、子ども新聞に書いてあった事、色々と教えてくれるので、『そんな事も知っているなんて、凄いね!初めて知ったよ~!』と褒めて承認。尊敬のオーラ全開にしています。

『聞いたこと、ママ全部覚えられないから書いて教えてほしいなぁ、読みたいな~』
ちょっとダメなママ(これは演技ではない説)からのお願い♪
息子氏に刺さったのか?!ノートに色々とアウトプットしてくれました。
 

これだけで、自由研究にできそうな充実ぶり!
子どもの主体性を大切にありのままを承認し、ちょっとした学びの工夫や声掛けをするだけで、こんなにも意欲的になり、快適に楽しく夏休みを過ごせるようになるなんて、以前は想像もできませんでした。
夏休み後半戦もガミガミせずに過ごせそうな予感です♪

イライラ、ガミガミを手放せるかおりメソッドについて詳細を知りたい方は、是非「天才ノートカフェ」に行ってみてください!かおりメソッドの実践者の方々が、詳しく教えてくれます!!

かおりメソッドで学びに繋がる!オリンピックの楽しみ方

かおりメソッドでは3つのKを大切にしています。
・勉強=快(Kai)
・学びの杭(Kui)
・継続(Keizoku)


これを大切に、子どもがやる気になる仕掛けを戦略的に家庭内に作り、子どもと楽しんでいると、子どもは「勉強って楽しい!」となりどんどん学び体質へ。
そんなかおりメソッドキッズが、オリンピックをどんな風に楽しんでいるのか?その様子をアンバサダーがレポートしてくれました。
 

起きてる時間全てが「学びの時間」!!!

こんにちは!アンバサダーのしょうママです。
オリンピック、連日素晴らしい試合が行われていますね。我が家も子どもと共に、たくさんの感動をもらっています。そんなオリンピック、かおりメソッドキッズが楽しむ様子が続々と届いています!


〇開会式
日頃からちょっとしたニュースなどで国が出てくれば、どこにある?どんな国旗?という声掛けから、調べるのが習慣化しているキッズたち。たくさんの国が一堂に会する開会式は、ワクワクでいっぱい。この国はどこにある?と地球儀で探し、気になる国は、国旗図鑑で国旗の意味を調べずにはいられない!オリンピック観戦の必須アイテムですね♪こちらは小学4年生の男の子。


〇ピクトグラム
オリンピックのピクトグラムも話題になってますね。学び体質な子どもは、学校からもらってきたチラシにも学びのアンテナが反応。天才ノートにまとめて書いてみると、「どうして飲食禁止のマークの食事はハンバーガーなんだろう?」という新たな気づきも生まれたそうです。こちらは小学4年生の女の子。



そして、自分の興味のあることから徐々に初めて、日頃から天才ノートに「書く」習慣がついているかおりメソッドキッズ。
 

競技も観戦しただけでは終わらない!主体性を大事にすると、こうなる!

こちらは、小学4年生の女の子。
学校からオリンピックのノートをもらってきたら、自ら、競技を見た感想をノートに記録!!
こうやって残せると、後から振り返った時にもその時の自分の感動を思い出せて、とてもいい記念になってステキですね。


そして、オリジナル新聞を発行している小学4年生女子も!この新聞、全部自分で作っているそうです。好き、楽しい!やりたい!があふれると、こんなこともできちゃう。
この新聞は、オンラインサロン内で共有されていて、他のキッズにも大人気です!


その他、オンラインサロン内でアンバサダーが定例で開催している、会員向けテーマ別企画「天才ノートキッズmini」でも、東京オリンピックをテーマに開催し、オリンピックへの関心を後押し。
天才ノートにまとめたものをzoom越しに披露したり、こんな風にパワポで発表してくれる子も。
聖火ランナーのルートや、マスコットについて、なぜオリンピックは4年に1度なのか、なんて内容もあり盛り上がりました。


こうやって、オリンピックからも自然体でたくさんのことを吸収するかおりメソッドキッズたち。
この積み重ねが、自ら勉強する子に育つ秘訣!


ちなみに、「こんなことできる子は特別」「うちの子は絶対無理」ではありません。
親の関わり方、声のかけ方次第で、こんな風に変わっていく(というか、本来の子どもの姿に戻っていく!?)のです。


具体的な内容やコツを聞いてみたい、と思ったら、ぜひアンバサダーが主催する天才ノートカフェや、かおりメソッドのエッセンスがギュッとつまった1Dayクラスに参加してみてください!
次回天才ノートカフェのお知らせ→こちら
 

オマケ:我が家の年長次男も、連日保育園でオリンピックごっこ。そして、図書館でオリンピックの本を借りる!と張り切り、絵や写真から「なんで釣り?」「今回のメダルはどんなの?」と満喫しています。

topへ