中学受験 | かおりメソッド

【受講生の声】塾や受験に振り回されない!?中学受験をしない小6男子の日常

小6の夏休み明け。

中学受験しないことは決めたけれど、3年後の高校受験を見据えた塾に通い始めている人もちらほら‥。

どうしたらいいのだろう‥。やっぱり塾に通わせるべき!?

と迷いに迷っているママやパパも多いはず。


子どもが嫌がる塾に無理やり通わせたはいいけれど、親子関係がギスギスしたら、もったいない!

塾に通わなくても、こんなに興味の関心を深められるんです!

受講生が、そんな体験談を語ります。


勉強をしなくても、好きを突き詰め、研究者になっちゃおう♪


こんにちは!小6 & 年長男子ママのはーちゃんです。

夏に科学の実験三昧だった長男ですが、アトモンカードやドクターストーンの影響か、興味はより具体的になり鉱物や化学の世界へと進化しています笑

またマイクラでも鉄を溶かしてどうこうしたりと(母はノータッチなので詳しいことはよくわかりませんが、英語表記も覚えたり?)、ヴァーチャルにサバイバルを行うことで意外と物質のなりたちなど化学への興味のもととなっています。

YouTubeや漫画で仕入れた知識を本で深めることも



夏休みに訪れたとある場所はたまたま地層がでていて岩石の宝庫。

ルーペ片手に結晶を発見したり母子で楽しく持ち帰る石を選びました。

偶然ではありましたが、岩石などの実物を図鑑と見比べることができて学びが深まるいい機会に。





岩石がゴロゴロ





岩石をルーペで覗くとこんな感じ。


そんな息子なので元素記号や鉱物岩石の名称などはお手の物。

興味の対象への集中力や記憶力を他で発揮できないのかと言いたくなるときもありますが、そこはグッとこらえて笑


ガミガミ母さんが宿題やったの?と聞くことが減った結果、

自由に泳いでいる息子のやる気はむしろアップして、他の勉強に対しても意欲的に取り組む

という現象が少しずつ起きています!


小6になると中学受験しない子たちも高校受験を見据えた塾に結構な数通い始めます。

近所には高校受験で実績も高く、データも多い塾があり、かおりメソッドを受講する前だったら迷わずそこへ行かせていたはず。

でも大切なのはその子に合っている塾かということとその子のタイミング。

 
かおりメソッド流戦略的ほったらかし教育で親子関係もよくなってきました♪



「かおりメソッド実践オンラインサロン」で子育てを軽快に乗り切ろう!

かおりメソッドでは、「基礎講座」「超オンライン講座」はじめ、各種講座を開催していますが、子育てはずっと続くもの。学んで終わり、ではありません!
講座で学んだことを実践し、内省して自分の内にある価値観に気づき、自分流の子育て軸を確立していく。
その過程は日々試行錯誤で、子どもの成長とともに変化していくものです。

そう!実践し続けていくことが大事。

でも、一人で続けるのはやっぱり難しいですよね。そのために、弊社ではコミュニティ「かおりメソッド実践オンラインサロン」を開設しており、講座の受講生同士が日々交流しています。
そんなオンラインサロンをプロボノ参画で運営してくれているアンバサダーが、最近のオンラインサロンの様子をお伝えします!
 

「かおりメソッド実践オンラインサロン」とは!?

こんにちは!アンバサダーのしょうママです。
「かおりメソッド実践オンラインサロン」は、会員同士で天才ノートをシェアしたり、学びの杭打ちになるイベントやスポットの紹介、子育ての悩み相談や、かおりメソッドを実践してぐんと成長するお子さんの様子、などを交流するFacebookコミュニティで、とても活発に交流を行っています。


さらに、
天才ノートカフェ(外部参加可。天才ノート作成の気軽なヒントやTIPSを得られる)
天才ノートキッズ(会員限定。こどもたちが、自分のつくった天才ノートを発表する)
◎スナックKay(会員限定。ママたちが子育てについてざっくばらんに、濃厚に、語り合う)
などのイベントを、それぞれ月1回ペースで開催。

その他、
学びの杭打ちウォーキングやツアー(お散歩しながらだったり、そのスポットで遊んだりしながら、大使館やお寺、史跡、科学館などで子どもに学びの杭打ちができる)を不定期開催。子どもは承認シャワーをあびてやる気UP!ママは、アンバサダーの子どもとの接し方や声掛けを聞いて、そうやるのか!を体感できる、直接会ってこそのイベントも開催してきました。


これだけでも充実!なのですが、最近は、共通の価値観を持つ仲間とのつながりを通し、イライラ、ガミガミを手放せるママが続出♪具体的な事例やコツを皆で積極的にシェアし、毎日をより豊かに軽快にしていけるように、とますます交流が濃厚になっています。
最近充実のアクティビティをご紹介します!
 

同じ教育観の人と話すことで、中学受験情報にも惑わされない!

会員限定のClubhouseを活用したおしゃべり会や、ランチ会、お茶会、などを頻繁に開催してます!


短時間でもかおりメソッドという共通言語をもったママ同士で話すと、巷にあふれる教育情報にあおられての不安だったり、どうしてうちの子こうなの?という悩みだったりも、あっという間にスッキリ。
話すことで壁打ちになり、自分の中で「あ、そうか。我が家の考え方はこうだった!」と気づいて軌道修正ができたり、「そうだそうだ、たとえ失敗したっていいじゃない。つい不安で親が先回りしたくなるけど、子どもが自分で気づくことが成長につながるんだよね」と再認識したり。
そして、「小4だけど、中学受験塾に行かなくて大丈夫?」という漠然とした不安も、「かおりメソッド流だと中学受験ってこういうこと!」という話を中学受験を乗り越えた先輩ママから聞くことで、必ずしも「小4=中学受験塾」ではない、塾に行くより前に大切なこと、そんな具体的な心構えができて、不安もスッキリです。
 

中学生、高校生と親の関わり方もかおりメソッド流!

子どもが大きくなっても、年齢に合わせた学びの仕掛けはしたい!でもアプローチの仕方は小学生までと同じではうまくいかないもの。そして、思春期・反抗期にも入り、悩みの種も、勉強の仕方も親の関わり方も小学生時代とは別物!そんな悩みや、中高生アルアル話をたっぷりじっくりできるように、中高生以上のママ限定でのアクティビティも開催。

「子どもにばかりこうあるべきを強いらない」「やっぱり親子関係が大切。それには自分が何を大切にどんな家庭にしたいのか?自己理解から!」と、目先の問題に惑わされずに自分軸を整えていこう!と再認識。

ありがたいのは、こういった内容が、コミュニティ内で惜しみなくシェアされること!我が家もまだ子どもは小学生ですが、少し先の中学生、さらに先の高校生・大学生となった時はこんな悩みが出るんだな、こうやって乗り越えていくんだな、という未来が何となくわかる!先輩ママたちの存在がとても心強いです。


参加された方からも、かおりメソッドに出会えて、本当に良かった!本当に素敵なコミュニティだなと感動しています、と嬉しいお声を頂いています。

コロナ禍でなかなか気軽に会うことも難しく、気づけば「孤育て」となりがちな子育て。同じような子育て軸を持つ心強い仲間と一緒に乗り越えていける、そう思うと、百人力ですよね!

どんな人たちがいるんだろう?気になった方はぜひ、まずはお気軽に「天才ノートカフェ」(次回は7/24(土))にお越しください。アンバサダーが、天才ノートについて、かおりメソッドについて具体的にお伝えします!

【受講生の声】子育てを罰ゲームと感じていた私が、子育て楽しい!と思えるようになったワケ

2021年5月10日: かおりメソッド

子育て、楽しめていますか?

楽しむよりも先に、
「子育てって大変」
「子どもの将来が心配」
「この先不安」
と、「大変・心配・不安」が来てしまって、後ろ向きになっている方に読んでいただきたい体験談。

MPJアンバサダーのモモちゃんママがお届けします。


子育ては、○○を変えると好転する!?

こんにちは!
MPJアンバサダーのモモちゃんママです 。

4年前、現在小学3年生の娘が年中の頃に
1day講座に参加したのが
かおりメソッドに出会うきっかけだったのですが

その当時、私は悶々と、そして鬱々としてました… 。

いわゆる「先輩ママ」にあたる周りのママさんたちから
子どもの将来(主に小学校以降の進学)について
ネガティブなことばかり聞かされていたからです 。

「お兄ちゃんの隣のクラスが学級崩壊していて…」
「お姉ちゃんのクラスでこんなイジメがあって…」
「今は、女の子が思春期に入るのが早いから…」
「●文のプリントをやらせるために、毎日30分バトって…」

我が子の明るい未来予想図が全く描けない……。

え、私
こんな子育てをあと10年以上もしないといけないの…!?
これ、何かの罰ゲームなの…!?!?!?

「そんなのイヤだ!」
「お先真っ暗な将来しか考えられない状況から抜け出したい」

と強烈に思いました、変わりたいと!!!

人間が変わる方法は3つしかない。
1つ目は時間配分を変えること。
2つ目は住む場所を変えること。
3つ目は付き合う人を変えること。

ご存知の方も多い大前研一さんの言葉です。

かと言って、当時、園児を抱える自分にとって
送り迎え含め時間配分を変えることは難しく、

住む場所を変えるのは、もちろんもっと難しい……!!

子育て真っ最中の私が変えられるのは、
「付き合う人を変えること」しかないっ。

園や学校でご一緒するママは
そう簡単に変えられないけど、

「子育ての話」「子どもの教育の話」をする相手は、
自分が意識すれば変えていけられる!

「将来、こうなっちゃうよ~」と脅かされる、
足や心を後ろに引っ張る相手ではなく

「うんうん、そういうことだってある!」
「それって、伸びしろしかないじゃん!」
「私も、そういうことあったなぁ…でも大丈夫!」
と、
背中や気持ちを前に押し出してくれるママ仲間。

かおり先生との出会いはもちろん、
MPJアンバサダーたちや受講生ママたちとの
出会いとその後のお付き合いのおかげで

「子育て、色々あるけど楽しいじゃん!! 」

と思えるようになり、その結果、
我が子の見方や接し方が劇的に変わりました!


(↑受講生同士で子育ての話をしながらサクッと1時間ランチ)

自分の子育てに
明るい未来予想図を描きたい!

そう思ったら、気軽にオンラインで参加できる
かおりメソッド1dayクラスなどをぜひ覗いてみて
子育ての話をどんな人としていきたいか
考えるきっかけになれば嬉しいです♪



≫≫かおりメソッド1dayクラス

【受講生の声】子どもからのアウトプットがない!と感じるときに読んでほしい体験談

2021年5月10日: かおりメソッド

見る、聞く、読むなどのインプットと、書く、話す、作るなどのアウトプット。
学習においてはそのどちらも大切ですが、
インプットに比べてアウトプットは苦手な子が多いようです。

「うちの子、インプットはするようになったけど、
なかなかアウトプットしない」と
感じてい方も多いかもしれません。

かおりメソッド受講生で2人の男の子のママであるA’sさんが、受講後に表れた予想外のアウトプットについて語ってくれました。


杭打ち素材をテキト〜に転がしておくことで表れた、突然のアウトプット!

こんにちは。小4男子&年中男子ママのA’sです。


相変わらずパワフルなBoysに翻弄される毎日です。

先日も、あまりにせがまれるので、思い切って、

準備万端で、絵具遊び!!と思ったら

彼らは大人の想定をはるかに超えてやらかしてくれます……

さて、こんな日常ですが、、、かおりメソッドを始めて10ヶ月のBOYS!

予想もしていなかったところで、

アウトプットが突然やってきます


この写真は、BOYSの日常で展開された何気ないアウトプットです。

これがどうアウトプットなの〜!?って思いますよね。

順を追って我が家流をご紹介させていただきますね!


かおりメソッドを始める前の私、

幼児のうちは 遊びがメインで良い! 

勉強じみたことをやるなんて何だか子どもがかわいそう〜〜

長男には保育園+少しの習い事+好きなことをさせて過ごす毎日でした。

入学前に少し平仮名を教えるのみで、知育に関しては、早いうちからはやらせませんでした。


でも!小学校に入ると、

子どもの「できる」「できない」がどうしても目についてしまう。。。


子どもの勉強への意欲も??

単元ごとに遅れを取らないように、しっかりやらせなきゃ〜〜
と、

管理モード発動です!


でも、これで子どものやる気が芽生えてくるわけでもなく、、、

私のガミガミ・イライラもたくさん!!


結果、親も子も辛い勉強時間に……


でも……

10か月前から、
かおりメソッドで教えてもらった、杭打ち素材をテキト〜に転がしておく!
というのを、実践してみました。

例えばこんな素材です↓

地理関連では、日本地図(山の高低が表現された凸凹地図もあります!)、

世界地図、世界の国図鑑、国旗と国の形シール、折り紙の本、クイズ本、カルタ、パズル、迷路、歌の掛け流しなどなど

(かおりメソッドのコミュニティでは、杭打ち素材のアイディアいっぱいいただけます!自分で見つけるのも楽しい〜〜)

ドリルみたいに一つ一つをしっかりやらせるのではなく、

うす〜く、広く、浅〜く、何となく触れられる程度でOK!

ばら撒いておいて、少しの声がけだけ。 

これなら幼児の次男に対しても、勉強モードではなく触れさせられる!!

私もキリキリしなくてできる♪


すると〜〜〜

思わぬところからたくさんのお宝を拾ってくるのです!


都道府県や世界の国の名前を知ると

→ニュースを聞いて、「あっ、〇〇県に熊が出たんだって!」

県の場所や特産物なども少しかじっているので、ちょっとの説明を加えるだけで、

どんどんつながる!

イメージも膨らむ!

そして、何気ないところからアウトプットが!!

「お母さん、見て〜〜。ロシア〜!!」と次男K。

→「Woooo!!ホントだぁ〜〜 すごいね〜、国旗よく知ってるんだね」

弟が褒められたところを見た長男S、しれ〜っと何かしてる!

ちょっとニヤっとしながら「見て!」と

→「ナニナニ!!!??? お〜〜 そういうことね。これ何も見ないで作ったの? すっごっ!」

最初の写真は〜〜

  • 偶然できたクッキーの形で「これ、島根県だ〜〜!」と次男K
  • うん? これは何を意味しているのか??→この並び、ちゃんと国の位置を意識してるんです!(長男S作)

そして、時には杭打ち素材がこんな風に遊ばれてます。

意図通りに使われなくても、親しむことが第一歩!! 

笑って「いいねぇぇーー!!」の声がけで、毎日楽しく過ごせたらいいですよね

【受講生の声】ふるさと納税すると、勉強する子が育つ!?

2021年5月10日: かおりメソッド

地域の応援になってお得な返礼も受けられるふるさと納税
実は、子どもの学びにもすごく使えるんです。
日々の何気ない会話や出来事を「学び」に変える、MPJアンバサダーのちょっとしたしかけをご紹介します。


一石五鳥!ふるさと納税を活用して勉強する子に育てる

こんにちは!
アンバサダーのしょうママです。

みなさん、
ふるさと納税活用してますか?

地方自治体の応援にもなりますし、その地域の特産品などのお礼も頂けて、
税金の控除や還付も受けられる、一石二鳥いや三鳥!?の制度ですよね!

そして、そして、色々な地方に寄付できるということは、、、
それだけ色々な都道府県の話題ができるということ!

先日、我が家では長野県須坂市から、
子ども達が大好きなシャインマスカットが届きました。
おぉぉ、粒も大きくてつやつや!
美味しそう♪

ちょうど家にいた年中次男とシャインマスカット食べ放題だねー!
なんて盛り上がりつつ、

ついてきたパンフレットに地図がついていたので、
「あの日本地図で、長野県がどこだかわかるかなー?」
と声をかけて、さっそく長野県探し♪

すぐに見つける息子に
「はやーい、さすが日本地図パズルで鍛えてるだけのことはあるね!!」
と褒め褒め!

そして、せっかくなので天才ノートにも♪
こちらも欲張らずに
サクッと「長野県」に色を塗るだけ
これならひらがなが読めれば、幼児だって簡単にできちゃいます!
立派なシャインマスカットと顔で大きさ比べをしたのでその写真もつけちゃいました。

ちなみに、今年我が家ではその他、
熊本県のスイカ、岡山県の桃、和歌山県のミカンなど果物メインにしたので、
これだけで4つの都道府県に親しめちゃう!
そして、ご当地特産品もおいしく食べながら覚えちゃう♪

もうこれは一石三鳥どころか四鳥、五鳥ですね!

かおりメソッドに出会って、些細なことでも自然に学びにつなげられるようになりました。
是非、お気軽に天才ノート相談会に遊びに来てくださいね!

≫≫かおりメソッド 天才ノート相談会

topへ