世界地図 | かおりメソッド

【受講生の声】楽しく学ぼう♪世界地図ver.

2021年8月11日: かおりメソッド

8月8日、日本は史上最多のメダルを獲得し、東京オリンピックが閉幕しました!

オリンピックには、世界中から206の国と地域が参加します。

ニュースなどでよく聞く名前の国・地域から、初めて聞く名前の国・地域もありますよね。

2週連続ではありますが、オリンピックから生まれた家庭内の会話、そして学びについて、

アンバサダーが実体験を語ってくれました!

イライラしない!子どもと国旗クイズ!

こんにちは。小1男子を育てるゆうちゃんママです。

東京オリンピック、盛り上がりましたね!

私たちも、家族で開会式をテレビで見ていました。

一番盛り上がったのは、世界中の国々が登場する選手入場。

五十音順に入場してきたわけですが、知っている国・地域もあれば、知らない国・地域もあるわけで‥。

そんなときに役立つのが、世界地図!



我が家では、テレビの横に世界地図や日本地図を貼っています。

それは、なぜかというと‥

テレビから流れるニュースや世界的なイベントに登場する国・地域の名前を世界地図で確認するため!



オリンピック以外でも、このように国旗と国名が表示されることが多いので、こういうときは大チャンス!

我が家では「国旗クイズ」が開催されます。

東京オリンピックの開会式でも、小1男子自らゲームを提案。

「『グレナダ』ってどーこだ?」

「え?ヨーロッパかな?中南米かな?」

パパも巻き込んで、大盛り上がり!



世界地図や国旗を見ながら、ママがイライラしつつ、子どもに勉強させるより、

こうしてクイズを出しながら確認していく方が楽しいし、子どもの頭にも残りますよね★

うちの勉強嫌いの小1男子も、ゲームならば飛びつきます(笑)

これならば、小学生だけでなく、未就学児のお子さんでも楽しく遊びながら学べますね。


国旗を見るのが好きな小1男子。

天才ノートでは、国旗のイラストを描きながら、さらに親しんでいきます。

 



小学6年生の社会で、学校ではようやく世界地図に触れるわけですが、そこで初めて触れるより、

おうちで楽しく学んでいる方がすんなり入ってきますよね!

こうして、積み重ねていくことで、積極的に学ぶ姿勢が生まれてくるし、

子どもとのコミュニケーションも活発になってきます★


8月下旬には東京パラリンピックの開催が予定されています。

パラリンピックでも数多くの国と地域の選手が参加予定です。

そこで、お子さまと世界に目を向けてみるのが楽しいはず!


楽しく学びつつ、子どもとコミュニケーションをとる、具体的な内容やコツを聞いてみたい!

という方は、まずはアンバサダーが主催する天才ノートカフェ

かおりメソッドのエッセンスがぎゅぎゅっと詰まった1dayクラス

お気軽に参加してみてください♪

【受講生の声】子どもからのアウトプットがない!と感じるときに読んでほしい体験談

2021年5月10日: かおりメソッド

見る、聞く、読むなどのインプットと、書く、話す、作るなどのアウトプット。
学習においてはそのどちらも大切ですが、
インプットに比べてアウトプットは苦手な子が多いようです。

「うちの子、インプットはするようになったけど、
なかなかアウトプットしない」と
感じてい方も多いかもしれません。

かおりメソッド受講生で2人の男の子のママであるA’sさんが、受講後に表れた予想外のアウトプットについて語ってくれました。


杭打ち素材をテキト〜に転がしておくことで表れた、突然のアウトプット!

こんにちは。小4男子&年中男子ママのA’sです。


相変わらずパワフルなBoysに翻弄される毎日です。

先日も、あまりにせがまれるので、思い切って、

準備万端で、絵具遊び!!と思ったら

彼らは大人の想定をはるかに超えてやらかしてくれます……

さて、こんな日常ですが、、、かおりメソッドを始めて10ヶ月のBOYS!

予想もしていなかったところで、

アウトプットが突然やってきます


この写真は、BOYSの日常で展開された何気ないアウトプットです。

これがどうアウトプットなの〜!?って思いますよね。

順を追って我が家流をご紹介させていただきますね!


かおりメソッドを始める前の私、

幼児のうちは 遊びがメインで良い! 

勉強じみたことをやるなんて何だか子どもがかわいそう〜〜

長男には保育園+少しの習い事+好きなことをさせて過ごす毎日でした。

入学前に少し平仮名を教えるのみで、知育に関しては、早いうちからはやらせませんでした。


でも!小学校に入ると、

子どもの「できる」「できない」がどうしても目についてしまう。。。


子どもの勉強への意欲も??

単元ごとに遅れを取らないように、しっかりやらせなきゃ〜〜
と、

管理モード発動です!


でも、これで子どものやる気が芽生えてくるわけでもなく、、、

私のガミガミ・イライラもたくさん!!


結果、親も子も辛い勉強時間に……


でも……

10か月前から、
かおりメソッドで教えてもらった、杭打ち素材をテキト〜に転がしておく!
というのを、実践してみました。

例えばこんな素材です↓

地理関連では、日本地図(山の高低が表現された凸凹地図もあります!)、

世界地図、世界の国図鑑、国旗と国の形シール、折り紙の本、クイズ本、カルタ、パズル、迷路、歌の掛け流しなどなど

(かおりメソッドのコミュニティでは、杭打ち素材のアイディアいっぱいいただけます!自分で見つけるのも楽しい〜〜)

ドリルみたいに一つ一つをしっかりやらせるのではなく、

うす〜く、広く、浅〜く、何となく触れられる程度でOK!

ばら撒いておいて、少しの声がけだけ。 

これなら幼児の次男に対しても、勉強モードではなく触れさせられる!!

私もキリキリしなくてできる♪


すると〜〜〜

思わぬところからたくさんのお宝を拾ってくるのです!


都道府県や世界の国の名前を知ると

→ニュースを聞いて、「あっ、〇〇県に熊が出たんだって!」

県の場所や特産物なども少しかじっているので、ちょっとの説明を加えるだけで、

どんどんつながる!

イメージも膨らむ!

そして、何気ないところからアウトプットが!!

「お母さん、見て〜〜。ロシア〜!!」と次男K。

→「Woooo!!ホントだぁ〜〜 すごいね〜、国旗よく知ってるんだね」

弟が褒められたところを見た長男S、しれ〜っと何かしてる!

ちょっとニヤっとしながら「見て!」と

→「ナニナニ!!!??? お〜〜 そういうことね。これ何も見ないで作ったの? すっごっ!」

最初の写真は〜〜

  • 偶然できたクッキーの形で「これ、島根県だ〜〜!」と次男K
  • うん? これは何を意味しているのか??→この並び、ちゃんと国の位置を意識してるんです!(長男S作)

そして、時には杭打ち素材がこんな風に遊ばれてます。

意図通りに使われなくても、親しむことが第一歩!! 

笑って「いいねぇぇーー!!」の声がけで、毎日楽しく過ごせたらいいですよね

topへ