ラクラク | かおりメソッド

【受講生の声】イライラよさようなら!かおりメソッドでステイホーム子育てをラクラクワクワクに。

2021年5月10日: かおりメソッド


首都圏をはじめ

大都市圏では、

新型コロナウィルス感染症拡大防止のための緊急事態宣言が延長されましたね。


2020年3月の休校期間ぐらいから

ステイホームが続いているご家庭が多いと思います。

子どもは家にいるけど、ゲームやYouTubeばっかりやっている

と、ガミガミしがちなママやパパも多いのではないでしょうか。


今日は、MPJアンバサダーが

かおりメソッド流ステイホームの過ごし方を語ってくれました。


ゲームやテレビ漬けで、ダラダラしがちなステイホーム期間が、母親のイライラのもと。

こんにちは。年長男子を育てるゆうちゃんママです

昨年の3月、一斉休校を横目に見ながら

「小学生ママは大変だなあ」と思っていた私ですが、

翌月には緊急事態宣言が発令され、保育園も休園となり、我が家でもステイホーム生活が開始

私たち夫婦も在宅勤務をしながら、年長男子と過ごす毎日が始まりました。


小学生とは違って、宿題はありませんが、

だからこそ、テレビ番組やYouTubeをダラダラと見がち


そんなときに受講したのが、こちらの講座
『【開催報告】累計300名以上参加『ママ応援スペシャル講座』


そうだ

たくさんのおうち時間があるからこそ

遊びながら学ぼう

と一念発起。

(ここダイジ!ただ勉強させるのではなく、楽しみながら学んでもらうのです!)

ちょっとした仕掛けで、子どももママもニコニコできる秘訣


夫とも協力しながら、カードゲーム三昧


足算-あしざん-動物の足でたしざんをしよう」というカードゲームを楽しみ、

数と親しみ、算数への心理的ハードルを下げる


他にも、「ゲーム&パズル 日本地図」にトライし、

都道府県の位置や大きさを感じることで、社会への心理的ハードルを下げる


たまには、タブレットに頼っちゃうけど、無料のアプリ教材「Think!Think!」で

花丸をもらい、子どもを承認



ゆるゆると、子どもが遊びながら学びに触れていることで、

鬱々としがちな気持ちも上がります!

それに、家庭内で算数や社会など、学びへの心理的ハードルを下げておけば、

学校で初めて触れたときも、「イヤ」となることはないですよね


この情報過多な現代、

なかなか自分だけでは、子どもと遊びながら学べるリーズナブルな教材を探すのは難しいですが、

かおりメソッドでは、基礎講座実践オンラインサロンでたくさんの教材を教えてくれます。


子どもが勉強を嫌がるなあ

そんな子どもにガミガミ言ってしまうなあ

そんな気持ちをお持ちの方は、かおりメソッドの講座に飛び込んでみてください!

子どもたちが楽しく学ぶためのマインドやスキルが身に付きます


実践オンラインサロンでは、MPJアンバサダーもお待ちしています



ゆうちゃんママ、ありがとうございました

忙しいママこそ

勉強している姿」を求めがちですが、

子どもたちは遊びながらも学んでいます

かおりメソッドの講座に飛び込んで

一緒に楽しく学びましょう

【受講生の声】ついイライラしちゃう歯みがきだって、かおりメソッド流ならラクラク

2021年5月10日: かおりメソッド

どのご家庭でも一度は向き合うのが
歯みがき問題


今日は、男子2人を育てるママからの、

これを楽しく攻略するアイディアのご紹介です


こんにちは
MPJアンバサダーのしょうママです。

ついイライラしてしまう、子育てアルアルのひとつ 「歯磨き問題」

みなさん、お家で歯みがき、
どんな風にされていますか?


早く歯みがきしなさーい!!
ちゃんと歯みがきしたのー??


なんて言っていたらモッタイナイ!!


かおりメソッドで大切にしてること
それは、
ガミガミ言わずに、子どもの自主性を育てること


歯みがきだって、
子どもが楽しい!と思えれば
やりたい!となり、
自ら張り切って、前のめりにやっちゃいます


今日はそれに便利なアイテムを一つご紹介しちゃいます!


ちなみに、我が家は男子2人。
磨き方がとにかく


年中次男⇒ほぼくわえてるだけ
小5長男⇒秒で終わり


次男は仕上げ磨きがありますが、
お年頃の長男は、仕上げ磨きはちょっと恥ずかしい


でも、磨けてないよ~
と歯医者でも度々言われ、ついに永久歯に小さな虫歯発見


①    仕上げ磨きをしてもらう
②    歯医者に通って、磨き方をマスターする
どっちにするか選んでいいよ、
と先生に言われて、息子は迷わず②を選択。
(選択権を息子に与えてくれる先生もステキですよね)


そんなに仕上げ磨きは嫌か。。。。。

無料アプリをうまく取り入れて、イライラ歯磨きをワクワクタイムに


そんなわけで、息子の意志を尊重し、
何か楽しく丁寧に磨く方法はないか、と探した結果
こんな楽しいアプリを発見!!


それは、こちら!『ポケモンスマイル』公式サイト
子どもたちが大好きなポケモンの歯磨きアプリ
ポケモンスマイル


このアプリ、とっても良くできてるのに、
なんと無料


カメラに自分の顔を映しながら歯みがきをして、
「むしばきん」を攻撃して、上手にできるとポケモンが集められます。


しかも、自動で写真を撮ってくれて、
「自分で」ベストショットを選んで
デコレーション。

 
これを導入したら、
子どもたち、
自ら「歯みがきする!」
と前のめり。


しかも、2分間しっかり磨くし、
歯を磨く場所のガイドが出るので、
隅々まで磨けちゃう


親がやるべきことは、
子どもが「自分で」選択し、
「自分で」決めて、
「自ら」取り組む
ようにちょっとした工夫をすること。


こうすることで
子どもの自主性が育ち、
これからの時代を生き抜く力が育つ
そう教えてくれたのがかおりメソッド


知らなかったら、歯医者での出来事から、
間違いなく
歯みがきオババ
と化していたに違いない


これからも上手に子どもと関わりながら、
未来に大きく羽ばたいていく
子どもの後押しをしていきたいです!


しょうママさん、ありがとうございます
 

親が上手に関わり、子どもの応援団になることで、
子どもの主体性はぐんぐん伸びていくのです。

勘違いしてはいけないのは、いくら素晴らしいアプリでも、
「やらされてる」感が伝わったらアウト!

たちまちやる気は減退します。

あくまで子どもが自分から選んで「やりたい!」と思うように
ママがうまーく言葉がけすること。

その手渡し方を学べるのが「かおりメソッド」
もう少し内容を知りたい方は、是非「かおりメソッド1Dayクラス」へ!

topへ