Nさん | かおりメソッド

受講生の声

Nさん 品川区在住
7歳でスタート
1dayクラスに参加したのが2015年3月、そしてまた1年後に1dayクラス再受講、
2016年7月(子どもだけの夏期講座)→基礎講座→天才ノート講座→我が子の強み発掘プロジェクト
     
お子さんはどんな点が変化しましたか?
色々なアンテナをはるようになり、わからないことをスルーしないようになりました。
ノートを始めて1年たち、さらに進化して最近は自分の意見を言うようになりました。
11歳くらいまでにどうやって勉強するのか、どうやって勉強を楽しむのか、どうやって疑問を抱くのか、どうやって疑問を解いていくのか、の土台を作ってあげること。
それが子育てのゴールである「子供の自立」を応援する親の役目なのかな、と思っています。
そしてこの勉強を楽しむことお仕事をする上でも必要になると思います。
仕事も楽しく、何事も楽しく出来る人間に育ててあげたいです。

最近の子どもとの会話
「マミー、日本の電力は何が一番多いか知ってる?何が一番少ないか知ってる?」と質問してきます。
「なんだろう?一番少ないのは地熱??」
「ブブ!!原子力発電です~!」と楽しそう♪
わが家では子供新聞をトイレに貼っています。
先週は選挙の新聞を見て、「自民公明が圧勝!」とつぶやいていました。
お母さんはどんな点が変化しましたか?
以前と比べて他の子と自分の子供を比べなくなりました。
他の子と比較して「なぜあの子は出来るのにあなたは出来ないの?」と絶対に言ってしまうと子供は「自分は出来ない」と刷り込まれてしまいます。
勉強を楽しく、人生を楽しくさせるのに「自分はできない」なんて絶対に思わせてはいけない、ということがわかりました。
仕事が忙しかったり、時間の無かったりする時はイライラすることももちろんあります。
でもせっかく親子関係がよくなってきて「私が我慢すればいい事なんだから」と思いがんばってグッと我慢しました。
そのうち我慢ではなく、普通に子供の行動がほほえましくなってきます。
かおりメソッドが身についてきているのかもしれません。
子供への見方が変わってきたのでしょう。コレは肌で感じます。
ここで変われたきっかけは、やはり天才ノートを始めたことだな、と思います。
最終的には「親がどれだけ覚悟できるか」「どれだけ変われるか」というところだと思います。
自分の将来のためにもママが変われば子供が変わるのだったら、塾に通わせて暗記ばかりさせるより安いものだと思います。

topへ