親子のコミュニケーション | かおりメソッド

【受講生の声】楽しく学ぼう♪世界地図ver.

2021年8月11日: かおりメソッド

8月8日、日本は史上最多のメダルを獲得し、東京オリンピックが閉幕しました!

オリンピックには、世界中から206の国と地域が参加します。

ニュースなどでよく聞く名前の国・地域から、初めて聞く名前の国・地域もありますよね。

2週連続ではありますが、オリンピックから生まれた家庭内の会話、そして学びについて、

アンバサダーが実体験を語ってくれました!

イライラしない!子どもと国旗クイズ!

こんにちは。小1男子を育てるゆうちゃんママです。

東京オリンピック、盛り上がりましたね!

私たちも、家族で開会式をテレビで見ていました。

一番盛り上がったのは、世界中の国々が登場する選手入場。

五十音順に入場してきたわけですが、知っている国・地域もあれば、知らない国・地域もあるわけで‥。

そんなときに役立つのが、世界地図!



我が家では、テレビの横に世界地図や日本地図を貼っています。

それは、なぜかというと‥

テレビから流れるニュースや世界的なイベントに登場する国・地域の名前を世界地図で確認するため!



オリンピック以外でも、このように国旗と国名が表示されることが多いので、こういうときは大チャンス!

我が家では「国旗クイズ」が開催されます。

東京オリンピックの開会式でも、小1男子自らゲームを提案。

「『グレナダ』ってどーこだ?」

「え?ヨーロッパかな?中南米かな?」

パパも巻き込んで、大盛り上がり!



世界地図や国旗を見ながら、ママがイライラしつつ、子どもに勉強させるより、

こうしてクイズを出しながら確認していく方が楽しいし、子どもの頭にも残りますよね★

うちの勉強嫌いの小1男子も、ゲームならば飛びつきます(笑)

これならば、小学生だけでなく、未就学児のお子さんでも楽しく遊びながら学べますね。


国旗を見るのが好きな小1男子。

天才ノートでは、国旗のイラストを描きながら、さらに親しんでいきます。

 



小学6年生の社会で、学校ではようやく世界地図に触れるわけですが、そこで初めて触れるより、

おうちで楽しく学んでいる方がすんなり入ってきますよね!

こうして、積み重ねていくことで、積極的に学ぶ姿勢が生まれてくるし、

子どもとのコミュニケーションも活発になってきます★


8月下旬には東京パラリンピックの開催が予定されています。

パラリンピックでも数多くの国と地域の選手が参加予定です。

そこで、お子さまと世界に目を向けてみるのが楽しいはず!


楽しく学びつつ、子どもとコミュニケーションをとる、具体的な内容やコツを聞いてみたい!

という方は、まずはアンバサダーが主催する天才ノートカフェ

かおりメソッドのエッセンスがぎゅぎゅっと詰まった1dayクラス

お気軽に参加してみてください♪

【受講生の声】子どもの積極性VSママが思う子どもの積極性

2021年7月17日: かおりメソッド

「子どもには何事にも積極的になってほしい!」

そう願う親御さんは多いのではないでしょうか?

子どもの積極性について、アンバサダーが実体験を語ってくれました!

ゆるーく待つことの大切さ

こんにちは。小1男子を育てるゆうちゃんママです。

私は、息子のことをずっと「積極性のない」子どもだと思っていました。

未就学児の頃、何かイベントに参加させても前に出ることはなく‥。

私の足元にひっついているような子どもでした。

それは基礎講座の親子一緒クラスでも同じです。

自己紹介で手を挙げられない子どもを見て、とてもイライラしていました。



そんないまは‥。

「当時は、まだ成長が追いついていなかっただけ」ということに気がついたのです!


かおりメソッドの実践オンラインサロンでは、定期的に、自分の天才ノートを披露する場、

●「集まれ!天才ノートキッズ」(発表者は申込み制)

●「天才ノートキッズmini」(当日、希望者は全員が発表可)

がオンライン上で開催されています。

初めて参加したのは、「天才ノートキッズmini~歴史編」で、最初は見ているだけ。

ですが、突然、「ボクも発表する!」と言い出し‥。


基礎講座の親子一緒クラスで、なかなか自己紹介しない、あなたが!?


と驚きつつ、彼の気持ちをくんで、結局は、私がインタビューしつつ発表しました。



その後も「天才ノートキッズmini」で発表を続け、これなら行けそうかもと考え、

思い切って、「天才ノートキッズ」を申し込んでみました!


「今度、発表できるけど、どうする?」

「発表する! 何にしようかな~?」

と楽しそうに考えながら、天才ノートに何やら書いていました。


当日、恥ずかしいなあ、と言いながらも、

「ボク、さんすうが好きなので、発表します!」と天才ノートを見せながら問題を出していました。



発表が終わったら、

「また発表したい! 毎回発表する!」

と高らかに宣言していました(笑)


それこそ、私の足元にひっついているころは、彼が何を好きかもよくわからず、

彼の積極性の高まりをなかなか待てず、勝手にイライラしていました。

子どもに積極性がないのではなく、親の期待するものに積極性を見せないだけ。

好きなことに対しては、誰でも積極的なもの。

それを待ってあげることも大事だし、引き出してあげることも大事。


その親子のコミュニケーションに天才ノートは最適。

天才ノートに色々なことを散りばめ、コミュニケーションを取りあうことで、

本人の積極性が自然と出てきた気がします。

もう少し、親子でコミュニケーションの時間を楽しもうと思います(*^▽^*)

topへ