数量問題や算数も怖くない!親の声掛けが変われば、勉強する子になる! | かおりメソッド

数量問題や算数も怖くない!親の声掛けが変われば、勉強する子になる!

数の概念をつかむこと。これは、小学校受験対策や、小学校に入ってからの算数でもとても大切になります。
なので、幼少期にしっかり習得しておくと、後々、苦手意識を持つこともなくスムーズにできるようになるので安心です。では、先取り学習で、幼児のころからプリントに取り組む必要があるのでしょうか?
そんなことはありません!むしろ場合によっては逆効果!楽しく遊びを通して取り組む秘訣を、アンバサダーが実体験を通してレポートしてくれました。
 

子どもの好きな遊びを通して、数の感覚を身につけよう!

こんにちは、アンバサダーのしょうママです。
現在年長の次男ですが、年少からここまでの2年半、自由時間の大半をLaQに費やしてきました。
かおりメソッドを実践しながらのLaQを通して、色々なことを習得しているなと最近改めて思い、驚いてもいるのですが、その中から、数の概念や算数についてお話させてください。


その前に、LaQとは何ぞや、というと・・・
「LaQ(ラキュー)は、たった7種類の小さなパーツから平面・立体・幾何学体とあらゆる形に変化する、まったく新しい発想から生まれたパズルブロックです。」(公式サイトより)


この7種類のパーツが複数の色あり、最初は作り方の本などに書いてある通りに作ると、例えばゾウだったり、サメだったり、飛行機だったり、と色々なものを作ることができるのです。
最初こそ、平面の簡単なものを作っていましたが、どんどんのめり込んでいった結果・・・
こんな感じで、赤ばっかり必要、オレンジの3番のパーツが足りない、といったことになるように。


そうなると、時々依頼されるのが「パーツ集め」のみを行う助っ人(つまり私)


ちなみに、こちらのブログでも紹介させてもらいましたが、長男もやはりLaQにハマって遊んでいた時期があり、その時も「パーツ集め」役をやっていました。ただ、当時まだかおりメソッドに出会ってもいなかった私にとっては、これ、「ただの面倒な作業」でしかない。なので、パーツ集めを短時間で終わらせるために効率重視!
自分で本を確認して、ぱぱっと集めて、「はい、あとは作りな~」で終わり。


今思うと、なんともったいない!!


次男のお手伝いをするときは、

〇「全部で何個いるの~?」
 →多いときは1つのパーツが200個とかあり、3桁の数字までの概念はバッチリに。

〇「今4個見つけたよ!あと何個かな?」
 →分かっていても、あえて聞いてみる。最初のころは指で数えてみたり、パーツを並べてみたりでしたが、
  そこも根気よくお付き合い。少しずつ数を増やしていきました。

〇「赤と黄色と青、全部2つずつね!ということは全部で何個だろ?」
 →九九の歌やお風呂の九九シートから、概念は分からないままに徐々に九九を暗唱してる次男に、時々、
  このような質問をして、「そうそう!これが2×3が6ってことだね~」とさらっとお話。


と、こんな感じで時々、LaQで遊びながら数に触れられるように、声掛けを工夫
(毎回はやりません!しつこくなるので)


すると・・・いつの間にか繰り上がりのある足し算もできるようになり、さらに驚いたのが、先日の会話。
シャインマスカットを兄弟で取り合いながら食べていたのですが、
「大好きなんだよね~。100個食べたい!」
というので、「いいね~、ちなみにあといくつある?」と数えさせたところ、22粒。
「お、じゃぁ100粒食べるには、あと何粒あったらいいかな~?」
とちょっと難しいかな?と思いながら聞いてみたら、頭の中で計算して
「78個!!」と出てきたのです。
 

塾やお教室に通わないと、算数の先取り学習はできないのでしょうか?

ちなみに、長男の時は、こういう計算は●文や、●研、またはそろばんなどに通わないとできるようにはならない、そう思い込んでました。
結果、長男は大量のプリントに向き合うことになり、イヤイヤやる→親はイライラガミガミ→すっかり計算嫌いへ、となってしまいました。(注:そういうのが合ってる子もいます!息子に合わなかっただけです)


塾やお教室に行かなくても、そして何なら教えてなくても、自分でできるようになるし、暗算もできる!


遊びの中に学びを入れていき、そして、「勉強って楽しい!」と思わせ、それを継続する、そうすると「起きてる時間は全部学び」になるようになるんです。今回改めて、そんなことを実感する出来事でした。


「えー、そんなことするの面倒くさい」、「そんな上手に学びに繋げられない」、そんな風に思うかもしれません。
でも!かおりメソッドを通して、親が必要以上にガミガミ言うのではなく、信頼関係を築き、子どもが楽しく主体的に学ぶこと。それが、小学校、中学校、高校、大学・・・そして大人へと成長していく過程で、どれだけ大切なのか、を理解し、ちょっとしたテクニックを身に付ければ、段々できるようになるんです。

講座でそういったことを体系的に学んだあとは、実践オンラインサロンに、たくさんの先輩ママ達の実例があります。どんなふうに子どもと接しているのか、最初は見よう見真似から始めて、試行錯誤するうちに、「我が家流」が出来てきます。


かおりメソッドを始めて2年半が経ちますが、日常生活での出来事を学びに結び付けることも最初は意識的にですが、段々と自然とできるようになりました。そして、親の子育て観、子どもとの距離感、声のかけ方、我が家流ができてきました。
今、子育てにおいて大きな悩みやは・・・ありません(笑)!


そんなかおりメソッドを始めてからのビフォアアフターをもっと聞いてみたいな、と思ったら、ぜひ次回の天才ノートカフェへ!かおりメソッドを始めて約4年以上となるアンバサダーお二人がオンラインにて実体験をお話してくれます♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

topへ