簡単3Step!外出先は躾が身に着く格好の場所 – かおりメソッド

簡単3Step!外出先は躾が身に着く格好の場所

2018年6月10日: 子供のマナー

よそのお宅へお呼ばれした時
「またきてね!」と言われる為には親の躾が必須!

 

親の躾ってふとした時、随所にあらわれるのですが
特にあらわれるのが「トイレマナー」。

 

コンビニのトイレを借りると
最近よくある張り紙
「いつもキレイに使って頂き、ありがとうございます」

 

なるほど~!!

 

・汚さないように!
・キレイに使ってください!
・きちんと流しすこと
なんて、書いてあると
使う人がキレイに使わない事を前提としているようで、綺麗に使いたくなくなるのが人間の心理。

 

言葉の使い方次第で人の行動は変わるから言葉の選択って本当に大切。

 

この
「いつもキレイに使って頂き、ありがとうございます」
は素敵なチョイス!
頑張って綺麗に使おう!大切に使おう!って気持ちになりますよね。

 

この「綺麗に使おう!」「大切に使おう!」というのが、トイレマナーの基本

 

トイレという誰も見えない密室だからこそ、どう振る舞うかが人間性に繋がるのです。

 

そう
「誰も見ていないから、分からないからいいや!」と思う人は、
トイレマナーだけでなく生活全てにそういう心が表れてくるんです。

 

我が子にどれだけマナー指導していても子どもは自宅のトイレ以外だと使い勝手が違うから
失敗してしまうハプニングも多々ありますよね。

 

お母さんが出来ることはコンビニ、レストラン、本屋さんなど
外でおトイレを借りる時を
トイレマナーのトレーニングの場として活用して下さい

 

では
簡単3Stepお伝えします!

 

Step①
「おトイレお借りして良いですか?」
その一言を店員さんに伝える
(店員さんが居ない所ではドアに向かって言う)

 

Step②
終わった後を必ず確認する
こぼしてしまった時の
対応方法(ペーパーを使って拭き取る)を教えておく

 

Step③
「おトイレありがとうございました」
笑顔で店員さんにお辞儀する
(店員さんが居ない所ではドアに向かって言う)

 

ちょっとした勇気が必要だけど大切な外出先でのトイレマナー。

 

コソコソ、ソワソワ、ドキドキしているなんて、もったいない!!

 

我が子がよそのお宅へ遊びに行く前にハプニングも大目に見てもらえる
最低限おしえておきたいトイレマナー。

 

このマナーが行き届いているときちんと教育された子だという印象を与えます。

 

例え失敗したとしても躾の行き届いた子だと大目に見てもらえますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

topへ